ダボ接合でベッドの修理をしました

本日は、子供のトランポリンにしかなっていなかったベッドの修理をしました。 トランポリンとしての強度不足で、あしがいっぽん 接続部からバキッと外れてしまいました 。元々一度修理したものだったのですが 、それはベットの一番下の板がすごく粗悪な合板でできていて、折れてしまったからです。その時、ホームセンターで新しい硬い板を買ってきて付けたのは良いのですが、接続の仕方が甘くてまた取れてしまいました。前回は金具でつけただけだったのですが 実はもともとダボ接合されていたのを無視していたので、今回はちゃんとダボ接合することにしました 。以下が 修理の様子です。

明日こそベロモービルの事しなくっちゃ。それではみなさんまた明日!

Please follow and like us:
error0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です