Scratch3でビデオモーションセンサーを使おう

新しくなったScratchであるScratch3には、テキストを声に出して話してくれたり、翻訳をしてくれたり、などの新しい機能が追加されています。そpの中で、ビデオモーションセンサーというものがあり、背景をカメラの動画にして、カメラ内に写っているものの動き量に応じて、何かを命令することができます。例えば画面上のキャラを撫でると何か言ったりとか。早速試してみたのがこれ。スマホなら、カメラへの許可を与えれば実行でき、PCなら、USBカメラなどを繋いで見てみて下さい。

https://scratch.mit.edu/projects/292814727/

猫を触ると顔が変わり、コウモリを触ると逃げていきます。どうです?おもしろいですね。早速プログラミング教室で使ってみました。ではまた!

Please follow and like us:
error0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です