WAWオプション、価格変更

皆様、ベロってますか? はい、そんなわけあんまりないですね。

今年に入るまで、しばらくKatanga社とあまりやり取りがなかったのですが、先日WAWをご購入頂いた北海道のKさんのオプションの関係で幾度かやり取りをしていて、その中でオプションシートをもらっていたのですが、よくよく見ると、価格がしれっと変更されていました。基本的に10数%程度の値上げになっています。それに応じてveloart intelligenceのページでも価格改定を行いました。昨今の円高により、少しはクッションしたのですが、それでも10%程度の値上がりになってしまいました。コロナでKatanga社の状況も厳しいようですが、なんとか従業員の方皆さん毎日出社して製造しているそうです。こちらからも無理はいえません。皆様には申し訳ありませんが、ご了承下さい。

さて、それに伴い、少しオプションも見直しました。と言っても、WAW sportiveに関しては、スマホホルダー(コンパクト)を標準にしたくらいです。WAW comfortableに関しては、スマホホルダー(ワイド)(30cmの私のビデオとかに出てたやつ)に加え、 内装ギアのRohloffを標準にしました。これは私が乗ってみて、重さ(0.9kg)と価格(11万ちょっと)を気にしないのであれば、あったほうがいいと考えたからです。Rohloffは、静止状態でもギアをガチャガチャ変えられ、そのままスムーズに発進できるものです。実際Rohloffにしてから、チェーン外れは一回も起こっていないので、チェーン外れで前のカウル開けてガチャガチャやる必要がないのは大きいです。まあ、上手にシフトチェンジすればそんなことは余り起こらないのかもしれませんが、はじめはどうしても、失敗してしまうものですから。

というわけで、ご報告でした。近いうちにQuattrovelo movie upしますね。乞うご期待、チェケラ。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です