Ubuntu18.04でlocalにwordpress環境を構築する方法

はじめに

さて、本日は、INDEXさんのホームページを作るための準備。サイトをいきなり本番のサーバーに入れるのではなく、まずはlocalにwordpress環境を構築する方法をご紹介します。

LAMP(Linux Apache MySQL PHP)環境の構築

  1. 必要なパッケージをインストール。
    $ sudo apt install apache2 mysql-server php php-mysql 
  2. mysqlの起動確認をする。 ● mysql.service – MySQL Community Server …などと出ればOK。
    $ sudo service mysql status
  3. mysql基本設定。パスワードを設定する。出てくる質問には全て y で答えれば良い。
    $ sudo mysql_secure_installation
  4. mysqlサーバに接続確認。
    1. $ sudo mysql -u root -p
      するとパスワードを聞かれるので、まずsudo のパスワードを入れてから、先程設定したmysqlのrootのパスワードを入れる。Welcome to the MySQL monitor. …などと出ればOK。
    2. mysqlを終了しておく。
    3. mysql> quit
  5. PHPの挙動試験
    1. apacheのdocumentrootを確認する。/etc/apache2/sites-available/000-default.conf にあるDocumentRootを見ればよい(Ubuntu18.04では/var/www/html)。
    2. 確認した場所に”“という内容のtest.phpを作る。 例
      $ echo "" | sudo tee /var/www/html/test.php
    3. http://localhost/test.phpにアクセスして、PHP versionなどが書かれた画面が出ればOK。

phpMyAdminをインストール

MySQLをGUIで操作できるツールphpMyAdminをインストールします。
  1. こちらの公式ページにアクセスして、最新のものをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを展開します。
  3. 展開したディレクトリを、上記で調べたapacheのdocumentrootに置きます。 例
    $ sudo cp -r phpMyAdmin-4.8.5-all-languages/ /var/www/html
  4. アクセスしやすいようにリネームしておきます。
    $ sudo mv /var/www/html/phpMyAdmin-4.8.5-all-languages/ /var/www/html/phpMyAdmin
  5. phpMyAdmi用にユーザー名を用意します。というのも、phpMyAdmin はrootのcredentialsを使えないからです。
    1. まずはmysqlに接続します。
      $ sudo mysql -u root -p
    2. 次に以下のコマンドで、phpMyAdmin用のユーザーを作って、必要な権限を与えます。以下の Your_pass! は自分で決めるパスワードを入れます。デフォルトでは大文字小文字数字特殊文字が必要です。
      mysql> CREATE USER 'phpmyadmin'@'localhost' IDENTIFIED BY 'Your_pass!';
      mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'phpmyadmin'@'localhost' WITH GRANT OPTION;
      mysql> FLUSH PRIVILEGES;
    3. 動作確認は、 http://localhost/phpMyAdmin/index.php にアクセスして、phpmyadminの画面が出ればOK。次で使うのでそのままにしておく。

    MySQLのユーザー作成

    1. phpMyAdminの画面で、”user accounts→ Add user account”を選択する。
    2. “user name”には wp-user と入れる。”Password”は(大文字小文字数字特殊文字が入った)好きなものを入れる。
    3. “Global privileges”は下の画像のようにする。 もしパスワードが弱くて怒られたら、passwordを生成し直して”go”を押してもうまく行かないので、”User accounts”を押して、最初からやり直す。
    4. 最後に下の方にある”go”を押す。

    MySQLのデータベース作成

    phpMyAdminの画面で”Database”タブを押して、データベース名を wordpress とでもして、右のところでは、”utf8_general_ci”を選択し、右にある”create”ボタンを押す。

    WordPressのインストール

    1. wordpressのダウンロードページに行き、最新版のwordpressをダウンロードする。
    2. 展開する。
    3. 展開したwordpress ディレクトリをlocalhostにコピーする。例 
      sudo cp -r wordpress/ /var/www/html/
    4. ブラウザで http://localhost/wordpress にアクセスする。
    5. “さあ始めましょう”をクリックする。
    6. 先程設定した、データベース名、ユーザ名、パスワード を入れる。
    7. “インストール実行”を押す。

    WordPressのプラグインの更新をできるようにする

    そのままだと、wordpressはプラグインの更新をすぐ要求してきますが、そのままだとFTPの接続情報を聞かれてコケます。(wp-config.phpにdefine(‘FS_METHOD’,’direct’);を書く方法では今はうまく行きません。)そこで、以下を実行すれば無事更新できます。
    1. wordpressのdirectoryへ移動。
      $ cd /var/www/html/wordpress 
    2. ファイルのパーミッションを変更
      $ sudo find . -type d -exec chmod 755 {} +
      $ sudo find . -type f -exec chmod 644 {} +
    3. wp-configはPHPから書き込めないようにする
      $ sudo chmod 400 wp-config.php
    4. 所有者・グループの変更
      $ sudo chown -R www-data:www-data .

    参考

    基本的には、こちらの「クロの試行ノート」を参考にさせていただきましたが、古くて中々うまく行きませんでした。そこで、Qiitaのこちらのページaskubuntuのこちらのページを参考にさせていただきました。また、wordpressのプラグインの更新についてはQiitaのこちらのページを参考にさせていただきました。

    終わりに

    いや〜、疲れました。ほんっと、すぐにソフトがアップデートされて過去のやり方ではうまくいかなくなるので、色んな所から情報を集めなければいけないので、大変ですね。この記事が誰かの役に立てば幸いです。

    Please follow and like us:
    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です