Ubuntu18.04内のファイルをserviioを使ってOculus Goから直接見る方法

はじめに

Oculus Goに直接ファイルをコピーして、ギャラリーから見ることはできます。(最初ギャラリーという項目がでなくて、テレビという項目が代わりにあったのですが、SKYBOX VRというアプリをoculus goに入れたらギャラリーが出るようになりました。)しかし、いちいちコピーするのは面倒ですし、時間もかかります。そこで!ダイレクトにPC内のファイルを見る方法があるんですね〜。じゃ、いっちょ説明しましょう。

Serviioのインストール

serviioとは、メディアサーバーと呼ばれるもので、PC内のコンテンツを自宅のネットワークに開放して見れるようにするようなものです。

  1. 必要なパッケージのインストール
    $ sudo apt install openjdk-11-jre ffmpeg libavcodec-extra dcraw
  2. serviioのダウンロード。以下の本家のサイトからダウンロードする。 https://www.serviio.org/download
  3. ダウンロードしたファイルを好きな場所に展開する。

以上は、serviio本家のこちらのサイトを参考にさせていただきました。

serviioの実行

  1. serviio.shをjava10向けに書き換える。そのまま実行したのでは、ファイルが見れまず、かなりはまりました。そこで、serviio-1.10.1/bin/serviio.shの一部を以下のように書き換えます。
    変更前
    # Check if we are using Java9
    JAVA_VERSION=$("$JAVA" -version 2>&1 | awk -F '"' '/version/ {print $2}')
    case "$JAVA_VERSION" in
        \1.8*) JAVA9_OPTS="" ;;
        *) JAVA9_OPTS="--add-modules jdk.unsupported" ;;
    esac
    
    変更後
    # Check if we are using Java9 or greater...
    JAVA_VERSION=$("$JAVA" -version 2>&1 | sed -n ';s/.* version "\(.*\)\.\(.*\)\..*".*/\1\2/p;')
    [ "$JAVA_VERSION" -gt 18 ] && JAVA9_OPTS="--add-modules java.xml.ws,jdk.unsupported" || JAVA9_OPTS=""
    
  2. ダウンロードしたserviio-1.10.1などのディレクトリに行き、bin/serviio.shを実行する。
    $ cd serviio-1.10.1/bin
    $ ./serviio.sh
  3. serviio-consoleを実行。
    $ ./serviio-console.sh
  4. 共有フォルダを設定。ホーム以下の好きなところに新たに共有フォルダを作ると良いでしょう。Video,Audio,Imageを選んでおけば、後はデフォルトで結構。saveボタンを押します。
  5. 表示をコンテンツだけにする。というのも、はじめの設定では、動画に行き着くまで、たくさんのディレクトリから探さねばならない上、ディレクトリの深い階層まで行かなくてはいけないので、面倒だからです。consoleの左側のPresentationタブを選び、Video,Audio,Imageとその下のfoldersのみを”Display content only”にして、後は全て”Disable”にする。

こちらも本家のhttps://www.serviio.org/support/10-uncategorised/5-getting-startedを参考にさせていただきました。java10向けの変更は以下のポストを参考にさせていただきました。https://www.serviio.org/forum/viewtopic.php?f=5&t=24521

動画の再生

  1. 上記で設定した共有フォルダ内に動画や写真などのコンテンツをおく。
  2. ギャラリー→serviio(PC名)からコンテンツが見れます。serviioが出ない時は、1,2分待てば出ました。動画のストリーミング再生開始まで30秒ほどかかります。これでPCが起動して、serviio.shを動かしている間はPC内のコンテンツが見れます。
  3. オプション: SKYBOX VRでネットワークからもserviioの共有フォルダが見れます。こちらもネットワークに行った後、1,2分待たないと出てきませんでした。SKY BOXの何がいいかですが、細かな設定が可能なところです。私は目の保護のために輝度を落とせるのが気に入っています。後私はどうも3Dは視点が合わず気持ち悪いので、monoviewを選んだりしています。これで左右視差のない動画が見れます。

終わりに

以上で、終わりです。新しい動画を再生しようとするたびに30秒ほど待たなくてはなりませんが、Oculusに直接コピーする時間より短いでしょう。というのも、私のOculus Goは32GBの容量が小さい方であり、あまり多くのファイルをGo内においておけません。また、ファイルをコピーしたり、後で消去したりするにはOculusをPCに接続して、Oculusから接続許可を出したりしなくてはならないので、時間がかかってしまいます。上記serviio.shの変更はかなり重要なことなのに、本家のサイトのインストールページに書いていないのが不思議です。まあそのうちスクリプトは修正されて何もしなくていいようになるでしょうが。それでは皆様、快適なVRライフを!

Please follow and like us:
error0

Oculus Go でビデオをループ再生する方法

目的

展示会などのデモ時に、Oculus Goを用いて、ユーザに自作の3Dのビデオを見せたい。

解決策1

そのまま「ギャラリー→内部ストレージ」からビデオを再生してもループ再生になります。

メリット: この方法では、指定のビデオ再生方法(2D,3D 180, 3D 360等)を選択できます。ゴーグルを外して30分以上放置しましたが、ループ再生は続けられていました。

デメリット: 次のユーザに渡す時、最初から再生はされない。

解決策2

EZ360というアプリをOculus Go内からインストールして、「ホーム」から一番左に出てくるEZ360を起動する。すると、自動で、EZ360が再生できるフォルダ(内部ストレージ含む)にあるビデオが再生される。

メリット: ユーザに操作は不要で、ゴーグルをかけるだけで動画が始まる。次のユーザがゴーグルをかけるだけで、動画の最初から再生される。

デメリット: 動画再生方法は選択できない。無料版はユーザがゴーグルをかけるたびに最初5秒EZ360の商標の画像を見せられ、動画再生中もEZ360のロゴが映される(299Euroの有償版ではこれがない)。

Please follow and like us:
error0

藤川樹脂を訪問してきました

本日もフルブレインズデザインの古野さんのご紹介で有限会社藤川樹脂を訪問してきました。お昼12時に古野さんに車で迎えに来てもらい、私を藤川樹脂さんにご紹介して頂く為に、藤川樹脂本社まで連れて行っていただきました。さらに古野さんが開発された健康被害の無いプロ用粘土をいくつか持ってきて下さり、売れたら仕入れ値だけ戻してくれれば、販売利益は全て私のものにして良いと言ってくださいました。しかも一緒にお土産まで頂いてしまいました。本当に何から何までお世話になっており、感謝してもしきれません。古野さん、本当にありがとうございます。

本日訪れた藤川樹脂はプラスチック成形品を作る会社で、最近はホログラム広告やガラス面へのプロジェクト広告などに力を入れているようです。

そこで関連する3 dDの CG 関係で仕事がないかどうかヒヤリングしてきました。とりあえずOculus goで再起動時も同じビデオを再生し続けられないか、と、htmlの3Dコンテンツを、リアルタイムで回転位置まで含めて共有出来ないか、というお題を頂きました。2つ目はデスクトップ共有ソフトで試そうと思っています。1つめのお題のため、Oculus goを借りてきました。

感想:凄い!まだ試してない人は、すぐ買って試したほうが良いですよ! Oculus goは23800円から買えますし。これを知らないなんて勿体ない。

これが仕事に繋がるといいなぁ。それではまた明日、チャオ!

Please follow and like us:
error0